...読み込み中...

薬剤師の皆さま

履歴書の書き方

履歴書の求人先への提出にあたっては、基本ルールに沿った書き方が必要です。自己流の書き方ではご自身の評価にも影響しかねませんので、必ず決まりごとを守り、好感のもたれる書類を作成しましょう。なお記入は、一般的に手書きでもパソコンでも差し支えありません。

  1. 1住所・氏名

    住所は省略せず、都道府県名から書いて町名以下は○丁目○番○号○○マンション○号のように書きます。また、振仮名は「フリガナ」と書いてあればカタカナで、「ふりがな」なら平仮名で書きましょう。

  2. 2連絡先・電話番号

    連絡先が現住所と同じであれば「同上」と記入しましょう。また。電話番号は携帯番号で差し支えありません。

  3. 3写真

    証明写真は指定サイズにプリントして貼付しましょう。剥がれ落ちても困らないように裏面に名前を書き込んでおくと良いでしょう。また、無帽無背景で3カ月以内に撮影した胸部から上の正面から撮ったものに限ります。

  4. 4受付

    日付は、面接予定の日にちを記入します。また郵送する場合はポストに投函する日が提出日となりますので、その日付を記入しましょう。

  5. 5学歴

    学歴と中央部に記入した上で、次行以降に高等学校の卒業年月から始め、それぞれの入学年月と卒業年月も合わせて記入しましょう。学校名や学部名は省略せず正式名称で記入しましょう。

  6. 6職歴

    学歴に続いて一行空けて、職歴と中央部に記入し、次行以降に従事していた企業名を記入しましょう。また、就職年月及び退職年月をそれぞれ記入します。退職の場合は理由を記します。自己都合の場合は「一身上の都合により退職」などとするのが一般的です。短い期間で転職をされている場合でも、職歴はすべて記入をしましょう。最後に、行を改めて、「現在に至る」と記します。

  7. 7免許・資格

    運転免許証をお持ちの場合や薬剤師免許の取得年月を記入しましょう。

  8. 8志望理由

    あまり細かなことを書く必要はありませんが、必ず記載しましょう。個人的な事情よりは、むしろ企業としてや病院として共感を覚える職場内容である等が良いでしょう。

  9. 9特技・趣味

    趣味が合否に影響することはありませんが、人柄やどんな性格の持ち主かを伝えることができますので、スポーツや音楽など日常的な関心事などを記載すると良いでしょう。

  10. 10希望条件

    担当アドバイザーと打ち合わせて納得のいく内容を記載します。

お渡しする時
薬剤師の方の場合、面接場所で手渡しする形になるので、相手の方の手間を考えて封を糊付けしない方が良いでしょう。
個人薬局さんの場合は、封から出して封筒の上に履歴書を出してお渡ししても大丈夫です。